Arikaの作業室

Shadeを使った3DCG制作日記

26 2017

震電をつくる(その2) NO.12

 胴体前部の墨入れを行う。
 1. 図面はCADで作成。 CADは「BV CAD」BIGVAN INC.使用。
 前 2
 色は黒
 線幅 0.5mm
 2震12-1
 黒線が太すぎるようです。
 2. 線幅を0.25とする。 少し細くなる。
 2震12-2
 3. 線の色を灰色にする。
 2震12-3
 白色系に見えるのでやめる。
 4. 日の丸部の黒線が目立ちすぎる。
 これまでの「日の丸」は単独の画像をラッピングしていた。
 日の丸
 5. 線等の色調整が出来ないため 
 CAD上で日の丸を作図。
 黒色線は0.25mm
 日の丸部の線を暗灰色0.15mm
 リベットを明灰色  としCADでカラー印刷する。
 前歩の丸ああ
 この図を使いレンダリングする。
 2震12-4
 
 2震12-5
 X軸投影のため、胴体頂点部のリベッが楕円形になってしまった。 後日検討。
 今回はここまで。 03/26 雨天
24 2017

震電をつくる(その2) NO.11

 カウリングを再製作。
 1. カウリングの位置がずれていたため再製作する。 矢印部。
 2震11-3のコピー
 2. 旧カウリングを削除。
   胴体後部の縦線(赤矢印)を複写・貼付け、後方へ伸ばす。
 2震11-4のコピー
 上図は分解移動させた図。
 3. 完成図。
   プラモと比べると若干形状が異なります。
 2震11-1
 2震11-2
 4. 排気口はグラディエーション画像を貼付け。
 排気黒グラ2
 5. 色の調整。
 外面の基本画像を作成する。
 緑A
 緑の下地に白色系の色をスプレーした。
6. この画像を部品1~3にマッピングする。
 2震11-6のコピー
 タイリング リピート部は「なし」 反復は横1、縦1とする。
 2震11-8のコピー
 1つの部品に1枚の画像が貼り付けられるため、白色の点が大きくなる。
 NO.3では白点が横長になる。

 7. リピートの反復回数を変更。
 NO.2では 横3、縦3
 NO.3では 横6、縦2 とする。
 NO.1部品の大きさの比率で決めた。
 2震11-10
 白点の大きさが小さくなり、3つの部品の色が似てきた。
 今回はここまで。 03/25
20 2017

震電をつくる(その2) NO.10

 震電研究のため中古本3冊購入。
 ①「日本軍試作機計画機」 双葉社
 img458_convert_20170320205001.jpg

 ②「日本軍傑作機」 双葉社
 img456_convert_20170320204815.jpg

 ③「日本軍試作機」 双葉社
 img457_convert_20170320204927.jpg

 各本の震電の3DCGは保坂宗雄氏作。
 下図、素晴らしい作品です。
 黄色矢印部 鈑金の突き合わせ部が黒、鈑金の表カドがハゲて白になっている。
 どのようにして作成したのかわからない。
 青矢印部「オスナ」の文字が反転している。左側面から文字を貫通させたのでしょう。
 (少し手を抜いたのでしょう)
 本保坂・線
 保坂宗雄さんを検索してもはっきりわからない。 もう引退したのでしょうか。
 保坂氏もShadeを使用していた。
 テクニックを学びたかったが残念です。    03/20 春分の日
   


19 2017

震電をつくる(その2) NO.9

 主翼の墨入れ(2回目)
 上面用のCAD図面を修正する。 赤線を短くした。
 上面3_convert_20170319164049
 1. CAD図面のプリントは毎回任意の大きさで行っていた。
 前回主翼下面の墨入れは終わっているが、今回の上面と大きさが違う。
 したがって上下面とも同一の大きさでプリントする。 黒線の太さは0.5とした。
 2. スキャナーでjpg画像にする。
 3. 画像処理ソフトGIMPで背景を透明にする。 PNGで保存。
 4. 今回はShade3Dの専門的な話になります。
 主翼は上面と下面の二つに分ける。 
 2震9-6
 わかりやすいように上下離している。
 実際は同一位置で加工する。
 5. 主翼下面からマッピング。
 2震9-4のコピー
 青い四角形がcad図面(墨入れ線)
 線が見にくいいため何回かレンダリングして位置を決める。
 2震9-5のコピー
 (上図)
 アルファ乗算、αブレンド
 投影 Y軸
 編集にチェック
 1矢印 サイズ0.22
 2矢印 クリックすると原点座標X,Y,Zが出てくる。 これをメモしておく。
 6. 下面をレンダリング
 2震9-3
 主脚を囲む様に配置。 
 主翼根本(胴体側)は胴体下面の波形白色の疑似集合演算があるため、線が表示できない。
 7. 主翼上面のマッピング
 マッピング画像のサイズと位置は5項の下面の値を使用。
 下面と同一位置に配置される。
 8. 上面をレンダリング
 2震9-1
 9. 前縁の上下の線が合う。
 2震9-2のコピー
 仕事が一段落したのでブログが進みます。
 今回はここまで。 03/19
18 2017

映画「山本五十六」

 映画「山本五十六」 監督成島出 2011年公開
 をテレビで鑑賞。
 山7
 山6
 山5
 山2
 山1
 山3
 山4

 以前Shade3Dで作った一式陸上攻撃機を御覧下さい。
 ありz
 あり71
 あり82
 あ陸12
 ありB
 ありD
 あ海面8
 海面と駆逐艦の写真を合成。
 今回はここまで。 03/18